The Revolutionary Association of the Women of Afghanistan (RAWA)
RAWA


 

 

 
Add RAWA RSS Feed to Feedreaders





 


RAWA Photo Gallery
Random Image from RAWA Photo Gallery
 






Follow RAWA on Twitter


Join RAWA on Facebook


RAWA Channel on Youtube


RAWA.org, 25.10.2017

アメリカの占領者とNATO、彼らの傀儡、タリバーン、イスラム国の ハイエナたちが目下のアフガニスタンの苦境の原因である

我々は進歩的な勢力の統率力のもと、自分たちの運命を自分たちの手で掴まない限り、この災害と悲惨さから抜け出すことは出来ないのである。

16年前、英国の植民地主義者たちと組んだ犯罪的な米軍は「テロとの戦い」そしてタリバーンとアルカイダ解体を口実に私たちの国に侵攻した。侵攻軍は数週間でこの国のタリバーン勢力を一掃したが、代わりにジハード(聖戦)を標榜したハイエナの集まりを据え置き、何千もの人びとを血の海に浸した。

アメリカの占領者とその片割れのNATOはその軍事作戦で、B-52爆撃で、ドローンによる集中攻撃で何千もの無辜のアフガン人を殺害した。国際刑事裁判所は最近の報告書で、CIA秘密刑務所内で行われたアフガンの一般市民に対する米軍による衝撃的な身体的拷問の方法を公表した。しかしながら、この公表を以てしても、「専門家」や「政治評論家」と称してテレビでしゃべりまくっているアフガニスタンの役人や知識人の良心を痛めるには十分ではなかったようだ。この魂を売った売国奴たちは彼らのご主人様たちに反逆しようとは微塵も思っていないのだ。

尊敬すべきアメリカの思想家ノーム・チョムスキーが「近年における最も極悪非道な犯罪である」と呼んだこのアフガニスタンにおけるアメリカの16年におよぶ戦争は、戦争で疲労困憊したわれわれの国を帝国主義に全面的に依存する国へと変貌させてしまった。最も腐敗し、反国家的な分子と集団が目下この国の権力を握っている。先日米政府のアフガン復興特別査察官のジョン・ソプコは「我々は政府を機能させるために何百万ドルもを費やした…[アフガン政府首脳陣は]アフガニスタン国防治安維持部隊(ANDSF)内の腐敗した指揮官たちを糾弾すべきだ…」と述べている。かつてはカルザイそして今はガニが、汚職収賄などの腐敗と闘うというスローガンを掲げ、人びとを欺いたが、彼らの最も良かった業績は何人かの下級役人を逮捕するに留まり、大統領府から各省そして議会にいたるまでアメリカからの無条件の支援を享受している腐敗しきった輩たちに占領されているのである。最近では、議会議長、また有名なグルバディンやアブドゥル・イブラヒミの悪事が明るみに出た。

アフガニスタンの傀儡政権およびその取り巻きのブレーンたちはドナルド・トランプの「新戦略」に驚喜した。この戦略は険悪な彼らの命を長らえさせてくれるからである。しかしながら、実際はこの「新しい」戦略は少しも新しくなく、アフガニスタンを引き続き占領下におき、血みどろな世界の勢力競争の渦中にとどめようとするアメリカの今までの戦争挑発的かつ侵略的な政策の継続に他ならない。アフガニスタンにおける米軍の増兵はこの国を救出するためやアメリカが造り上げたタリバーンやイスラム国を殲滅するためでもなく、ただ、その力を競争国のロシア、中国そしてイランに見せつけたいがためである。新戦略が発表されてから数週間が経たずして、アフガニスタンのいくつかの地域で大勢の市民が米軍の無計画な爆撃で殺されている。

トランプがガニ大統領との会談で述べたようにアメリカは新たに生じる戦費をアフガニスタンの鉱石を略奪することで賄おうとしている、そして裏切り者の大統領はその要望を即座に受け入れたのである。

アメリカがパキスタンを説得しようとしているのを歓迎する人びとはホワイトハウスの命令とドルの影響下にあり、卑劣なパキスタン政府そしてテロリスト養成のパキスタン軍隊が過去数十年の間我々の国に残忍かつ反動的な集団を送り込んできたことを忘れているのであろう。この16年間、アメリカはパキスタンが担うタリバーンの活動の後押しに於ける役割を十分熟知していたが、一方で何百万ドルをも援助と軍備に費やして来た。西側はアフガニスタンでの軍の駐留を正当化し、戦争を合法化するためにカブールの傀儡政権に続いてタリバーンの創成が必要だったのである。トランプはもともとパキスタンとインドをアフガニスタン戦争に巻き込もうとしていて、実際、タリバーン養成を止めるようパキスタンに圧力をかけるよりはロシアや中国に近づくなとパキスタンに警告したくらいである。

アッタ、サラハディン・ラッバニ、ドスタムなどの犯罪者たち、彼らは親譲りの裏切り者であるが、彼らは非パシュトゥン族の代表であると称して、「力の分散」という欺瞞的な言い回し使って、ガニ、グルバディンなどもっと悪質な裏切り者たちと角を突き合わせて権力の奪い合いをしている。民族的、言語的、宗派の違いからくる衝突の炎上はアメリカのアフガニスタンに対する帝国主義的な計画にとってきわめて重要であり、アメリカはアフガニスタンの人びとを泥沼にはまらせ、彼らが統一したり、結集をしたりするのを妨げて来た。そして、なんなく何の困難にも遭わずにアフガニスタンやこの地域においてこの暗い計画を押し進めて来たのである。

親愛なる愛国者諸君、

独立を勝ち取るために外国の占領者を追い出すことはタリバーン、イスラム国そして彼らの支援者撲滅の第一歩である。外国の侵略者たちに手を引かせ、彼らの手下どもを孤立無援に陥らせれば、裏切り者と犯罪者たちを打ち倒す我々の、そして正義と民主主義の防衛者たちの闘いはもっと容易くなるはずである。さもなくば、我々の国に於けるアメリカの存在はこの国を永遠の住処としてテロリズム、麻薬取引、汚職、治安悪化、貧困がはびこる結果を招くであろう。

西側の代弁者たち、プロパガンダ請負者たちは、アフガニスタンの苦痛に満ちた現実やアメリカの邪悪な政策を糊塗するであろう。しかし、真実は歴史が示す通り、どの国家も犯罪的な外国勢力やその傀儡政権によっては繁栄と発展を達成することができないのである。我々は進歩的な勢力の統率力のもと、自分たちの運命を自分たちの手で掴まない限り、この災害と悲惨さから抜け出すことは出来ないのである。

RAWA
2017年10月7日



Category: 日本語